横浜で自由葬を30人でするといくらかかる?【横浜葬儀社】横浜市の家族葬専門【口コミ1位】

メニュー
閉じる
メニュー
横浜で30人の葬儀費用

横浜で自由葬を30人でするといくらかかる?

2023.12.11

横浜葬儀社で親族10人、一般弔問客20人の一日葬を無宗教形式で行った場合。当社での費用は46万円です。ややこしい話はなし。分かりやすく必要なものが揃ったプランで、明朗会計がモットーです!

この記事はこんな人におすすめ

自由葬を30人でやりたい

一日葬の詳しい費用の内訳が知りたい

自由葬、一日葬プランが気になっている

親族10人、一般弔問客20人の自由葬(一日葬プラン)

親族10人、一般弔問客20人を想定したお通夜を行わない一日葬をご紹介します。
仏教葬のようにお経を読んだりといったことは無しの自由葬です。

依頼する基本プランはこちら。
・祭壇
宗教的なモチーフは無いシンプルなもの

・葬儀なし
仏教葬ではないので僧侶を呼んでの読経などはしない

・告別式あり
司会を葬儀社スタッフに依頼、弔辞2名ほど、喪主のあいさつ有り・

・供花2基

・精進落としなし

自由葬30人の費用内訳

横浜葬儀社が執り行った場合の費用例です。

・家族葬プラン金額 334,780円(給付金50,000万円申請時の自己負担額)
・斎場費用 67,000円(公営斎場式場費用 50,000円、火葬代12,000円、火葬待合室5,000円)
・供花 33,000円(16,000円の供花を2基)

合計 434,780円

当社では他の葬儀社だと必要になる安置料、ドライアイス代が無料!
火葬まで日にちが空いてしまっても安心の明朗会計です😊

一日葬の流れ

一日葬とは、その名の通り1日で行う葬儀です。

流れはこちら
①ご遺体の搬送、安置
➁打ち合わせ
③告別式
④火葬

お通夜は行いません。告別式と火葬のみでお見送りします。
お通夜をしないことに不安を感じる方は少なくありませんが、首都圏のお葬式は簡略化が進んでいます。
当社実績ではなんと43%の方が一日葬。ちなみに火葬のみの直葬は45%なので、ほとんどの方がこの2プランどちらかを選ばれている計算!
お通夜、告別式を行う一般葬は1%……もはやイレギュラーなのは一般葬の時代ですね。

プランに含まれているものを要チェック

当社ではドライアイス代、安置料の他にも搬送料、遺影写真(カラー大小2セット)が一日葬、家族葬プランには含まれています。
遺影写真はスマホ写真からでも作成可能です。もちろん加工料込み。パソコンやスマホ操作に不慣れな方でも安心だと大好評★
遺族の負担を少しでも減らせるよう、面倒な役所関連の手続きも代行させていただきます!

自由葬の特徴

実は僧侶を呼ばないというだけで、かなりのコスト削減になります。お布施はもちろんお経を読んでいただくにもお金はかかります。とは言え、菩提寺があるなら必ず相談してください。一日葬ましてや自由葬、納得していただけるかは菩提寺次第です。よく話し合うことが必要です。後で恐ろしい事態を招かないように……!

この記事を監修した葬儀のプロよりコメント

しっかりお別れできるお安いお葬式

直葬だとお別れは親族のみで炉の前ですが、告別式だけでも行えば生前お世話になった友人も一緒にしっかりとお別れができます。
お安いお葬式に不安を覚える方も多いですが、近年ではメジャーなお葬式の形となりました。気持ちを込めて手を合わせれば金額なんて関係ない!……って葬儀社がいう言葉じゃないですね💦
関 友宜せき・とものり

青山学院大学卒業後、業界最大手企業へ入社。ライフエンディング領域における多岐にわたる業務に従事し、幅広い分野を経験。仏教葬祭アドバイザー、消費生活アドバイザー、ファイナンシャルプランナー2級、高齢社会エキスパートの資格を取得。横浜葬儀社の事業責任者として、専門的なアドバイスとサポートを提供し、故人様とその家族様にとって安心した葬儀サービスを提供することに全力を注ぐ。

合わせて読みたい

お葬式の祭壇の花の種類
祭壇の花には種類があります 葬儀の祭壇というと、こちらのようなものを想像される方が多いと思います。 この祭…
まずはお気軽にお問合せください! まずはお気軽にお問合せください!
電話ですぐに相談する 電話ですぐに相談する LINEですぐに相談する LINEですぐに相談する
いつでも対応OK いつでも対応OK