家族葬なら精進落としは省略してもいいの?【横浜葬儀社】横浜市の家族葬専門【口コミ1位】

メニュー
閉じる
メニュー
葬儀料理 精進落とし

家族葬なら精進落としは省略してもいいの?

精進落としは、単価3,000~8,000円が相場。会葬者が10人なら3万円から8万円。実はこれ、省略してもかまいません。でも注意点がいくつかあります。大前提として心遣いを忘れないこと。具体的な例をあげて詳しく解説します。

この記事はこんな人におすすめ

精進落としを省略したい

家族葬で許される範囲を知りたい

なるべく葬儀費用を節約したい

精進落としは省略してもかまいません

結論から言うと、精進落としはやらなくても失礼にはあたりません。

特に家族葬であれば参列者の人数も把握しやすいため、精進落としの豪華なお料理の代わりに、もっと庶民的なお弁当を用意しても良いと思います。もちろん僧侶にもお膳料の代わりにお弁当をお渡ししても大丈夫です。

お弁当も必ず用意しなくてはいけないわけではありません。

でもその際には、精進落としがない旨を事前に知らせておくと親切です。

葬儀から火葬までの間に食事時が来てしまうのなら、参列者を空腹のまま放っておくわけにはいきません。火葬場は市街地の外れにあることがほとんどなので、近所に飲食店も少ないです。

何かしらの案内がないと、困ってしまいますよね。

食事を取る時間も惜しんで遠方から駆けつけてくれる方もいるかもしれません。

 精進落としを省略するなら代わりを用意

気心知れた親族でも、心遣いは必要不可欠。何も用意しないのであれば、必ず事前に知らせておいてください。
そのうえで対応の例と注意点を紹介します。

①精進落としに代わるお弁当や、お食事代金をお渡しする
お弁当は斎場に直接配達してもらうのがいいでしょう。

②個々で食事を取れるお店を案内する
葬儀場周辺で食事の取れる場所をリストアップしておくと良いと思います。
土地勘のない方も困らないよう、配慮が必要です。

③故人様の好きだったレストランを予約しておく
家族葬であれば人数の把握が容易です。あらかじめお店を予約しておくのもひとつの手です。
和洋中どれでもかまいません。鯛や伊勢海老といったおめでたい印象を与える料理でなければ、大丈夫です。

精進落としを省略する時の伝え方

葬儀の案内状に記載するのはもちろん、喪主挨拶でも再度きちんと言葉で伝えることを忘れないようにしてくださいね。

~例文~
本来であれば法要後の席を設けるべきところですが、まことに勝手ながらご用意がありません。
ささやかながら折詰を用意させていただきましたので、お持ち帰りください。

こんな一文があればOKです😊
例え家族葬でなくても失礼にはあたりませんので、ご安心くださいね。

この記事を監修した葬儀のプロよりコメント

心遣いを忘れなければ、あまり深く考えなくて大丈夫

それほど遠くもない昔は、お通夜を行った後に告別式と2日連続で行われる葬儀が一般的でしたが、近年では1日で完結する1日葬や直葬が主流となり、葬儀の簡略化が進んできています。
特にコロナ禍で大人数で食事をすることがはばかれる時代を経て、精進落としも必ず行わなければならないものではなくなりました。
代わりとなる心遣いがあれば、難しく考えずに省略もアリだと僕は思います。
関 友宜せき・とものり

早稲田大学大学院にて研究。大学卒業後、業界最大手企業へ入社。ライフエンディング領域における多岐にわたる業務に従事し、幅広い分野を経験。仏教葬祭アドバイザー、消費生活アドバイザー、ファイナンシャルプランナー2級、高齢社会エキスパートの資格を取得。横浜葬儀社の事業責任者として、専門的なアドバイスとサポートを提供し、故人様とその家族様にとって安心した葬儀サービスを提供することに全力を注ぐ。

合わせて読みたい

精進落としとは?やらなくても良い?
精進落としとは? 昔は四十九日の喪が明けるまで肉や魚を絶った精進料理を食べました。 忌が明ける四十九日に、普段の生…
まずはお気軽にお問合せください! まずはお気軽にお問合せください!
電話ですぐに相談する 電話ですぐに相談する LINEですぐに相談する LINEですぐに相談する
いつでも対応OK いつでも対応OK