横浜で葬儀をすると、他の地域より高くなる!?【横浜葬儀社】横浜市の家族葬専門【口コミ1位】

メニュー
閉じる
メニュー

横浜で葬儀をすると、他の地域より高くなる!?

2024.2.29

横浜市は火葬場が少ないため、他の地域よりも待ち時間が長い傾向にあります。5〜10日も待てば、安置料もドライアイス代もかさみます。横浜葬儀社ではどちらも無料ですが、日割り計算で請求される葬儀社も少なくないので注意が必要です。

この記事はこんな人におすすめ

横浜市で葬儀をしようと考えている

葬式の費用を安く抑えたい

今後のために横浜市の葬儀事情を把握しておきたい

横浜で葬儀をすると高くなる理由

葬式代に地域差なんてあるの?と聞かれたら、答えはイエス。
地域ごとに火葬場の混み具合が違うので、安置期間が長くなれば告別式やお通夜とは別に安置料とドライアイス代がかさみます。

それが顕著なのが横浜市。横浜市は人口370万人に対しあまりに火葬場が少なく、順番待ちが発生しやすい地域なのです。
決して他の地域よりも葬儀費用が高いとか、施設利用料が高いというわけではありません。

 安置料とドライアイス代の相場

基本の葬儀プランに安置料とドライアイス代が含まれているか、必ず確認することをおすすめします。
葬儀社によっては「5日分まで無料」など日にちを指定している場合もあります。
この2つの費用は、1日計算の場合が多いです。
安置料1日/10,000円、ドライアイス代1日/8,000円くらいが平均的な金額です。
5日かかれば9万円。なかなかの金額ですよね。
葬儀社によっては、安置料だけで1日/20,000円かかるところもあるとか……。
会社によって金額の開きがありすぎて、怖いくらいです💦

横浜市の火葬場の待ち時間

実際に横浜市で葬儀をするために待つ期間は、平均すると5〜10日です。
久保山斎場で火葬のみを行う直葬なら5日、斎場を利用して一般葬や1日葬を行うなら斎場と火葬場が併設している南部斎場、北部斎場、戸塚斎場を抑える必要があるため、待ち期間はもっと長くなるとお考えください。

予約はウェブサイトから行います。時にはタッチの差で予約争奪戦になることも。
このサイトの導線がちょっと面倒な作りなので、横浜葬儀社は一秒でも早く入力できるようタイピング練習すら行っています。地味な努力ですが、意外と大事なことです。
もはや目をつぶっていても正しくクリックできる自信さえあります!

横浜で葬儀を安くするには

安置期間が5日から10日になることを念頭に置き、安置料とドライアイス代が無料の葬儀社を選ぶことです!
見積もりはしっかり見てください。
日割り計算なのか、日数に上限があるのか、込みの価格なのか。

弊社は、安置料とドライアイス代は無料。プランに含まれています。金額を比べてみてくださいね。

この記事を監修した葬儀のプロよりコメント

横浜葬儀社はなんと無料です

ここまで横浜市の火葬待ちについてえげつない話をしてきましたが、横浜葬儀社の場合は安置料もドライアイス代も無料です😊
ご遺族に安心して最後のお別れをしていただきたい想いから、火葬まで何日かかったとしても無料で対応しています。ご安心ください。
関 友宜せき・とものり

早稲田大学大学院にて研究。大学卒業後、業界最大手企業へ入社。ライフエンディング領域における多岐にわたる業務に従事し、幅広い分野を経験。仏教葬祭アドバイザー、消費生活アドバイザー、ファイナンシャルプランナー2級、高齢社会エキスパートの資格を取得。横浜葬儀社の事業責任者として、専門的なアドバイスとサポートを提供し、故人様とその家族様にとって安心した葬儀サービスを提供することに全力を注ぐ。

合わせて読みたい

横浜市で遺骨を残さない「ゼロ葬」をするなら費用はいくらかかる?
横浜市の公営火葬場では、収骨が必要 「ゼロ葬」とは、遺骨を一切持ち帰らず、火葬が済んだ時点で弔いを終える方法のこと。…
まずはお気軽にお問合せください! まずはお気軽にお問合せください!
電話ですぐに相談する 電話ですぐに相談する LINEですぐに相談する LINEですぐに相談する
いつでも対応OK いつでも対応OK