横浜市の葬儀の特徴とは?【横浜葬儀社】横浜市の家族葬専門【口コミ1位】

メニュー
閉じる
メニュー

横浜市の葬儀の特徴とは?

大切なご家族がご逝去された際には、悲しみの中でさまざまな葬儀の準備をしなければいけません。特に葬儀のスタイルや斎場の選択は、その種類が多いため、どれを選ぶべきか悩むこともあるでしょう。近年では、葬儀の形式が多様化しており、横浜市でも多くの葬儀社がさまざまな葬儀プランを提供しています。

以下では横浜市における葬儀の種類や特徴などについて詳しくご案内いたします。葬儀をご検討中の方にとって、有益な情報となることでしょう。

この記事はこんな人におすすめ

横浜市で葬儀をお考えの方

葬儀形式について知りたい方

葬儀の前に準備すべきことを知りたい方

〜横浜市の近年の葬儀形式〜

横浜市においては、一般葬や家族葬、そして一日葬など、多様な葬儀の形式が用意されています。これから詳しく、横浜市内で行われている葬儀のスタイルについてご紹介いたします。

【一般葬】

横浜市における一般葬は、通夜と告別式を通じて故人を偲ぶ葬儀の形式を指します。通夜と告別式を2日間にわたって行う一般葬は、一般的な葬儀のスタンダードな形です。
かつては多くの地域で主流であり、家族以外にも友人、知人、職場関係者など多くの人々が参列し、華やかなセレモニーを望む方に適しています。そのため、大規模な葬儀になることがよくあり、それに伴って高額な費用がかかることも少なくありません。

【家族葬】

横浜市においても、家族葬はごく親しい家族や友人などだけが参列する形式の葬儀です。このスタイルは、故人をゆっくりと偲びたいという遺族や親族の希望に応える形として人気があり、最近では増加している葬儀の方法です。通夜と告別式が一般葬と同じように行われますが、参列者の数は少なく、葬儀の規模も小さくなることが多いです。
また、家族葬はごく親しい人々だけを招待するため、参列者を選定することが難しい側面もあります。場合によっては、参列をお断りしなければならないこともあり、そのような場合には後日、弔問などで対応する必要があります。

【一日葬】

横浜市における一日葬は、通夜を省き、告別式と火葬を同じ日に行う葬儀の形式です。このスタイルは時間が短縮されるため、身体的・精神的な負担を軽減することが可能です。通夜を省くことで葬儀費用も抑えられる利点があります。特に高齢者などが長時間の葬儀に参列するのが難しい場合に好まれ、最近では一日葬を選ぶ人々が増えています。

【直葬】

直葬、別名火葬式とも呼ばれる葬儀形式は、通夜や告別式を省略し、火葬のみで行われるスタイルです。宗教的な儀式が行われないことが一般的であり、故人との最後の別れの時間が短いのが特徴です。横浜市での直葬は、葬儀を最小限にまとめたい、費用を節約したいなどの考えをお持ちの方に適した葬儀形式とされています。

【自由葬】

横浜市での自由葬は、その名の通り、柔軟なスタイルで葬儀を行う方法です。この形式には明確な決まりがなく、宗教的儀式を含むか否かなど、多くのバリエーションが存在します。中でも、音楽に焦点を当てたものを音楽葬と呼び、バンドの生演奏や故人の好きな音楽を流すことが行われます。
自由葬の大きな特徴は、葬儀の内容を遺族が自由に決定できることです。故人の個性や趣味を反映させた葬儀を行いたいという人々に好まれるスタイルです。しかし、その一方で、伝統的な葬儀に慣れ親しんでいる人々にとっては理解しづらい側面もあります。また、菩提寺がある場合には、お寺の同意を得ることも重要です。自由葬を選ぶ場合は、まず遺族や親族、お寺などと相談し、了承を得ることが必要です。

【社葬】

社葬は、会社の創業者や社長、重役が亡くなった際に、企業が主催して行う葬儀形式です。通常の葬儀よりも格式が高く、一般的には豪華で厳かな雰囲気が特徴です。数百人以上の多くの参列者が集まることがあります。この葬儀は、企業とそのトップの人物への敬意を表す一環として横浜市でも行われることが多いです。

【無宗教葬】

横浜市での無宗教葬は、宗教的な要素を含まない、宗教的な儀式や信仰を排除した葬儀形式です。宗教に属していない、あるいは宗教に対する特定の信念を持たない人々のために選ばれることが多いです。

無宗教葬では、宗教的な祈りや儀式が行われず、故人の人生や思い出に焦点を当てた式典が行われることが一般的です。参列者は故人を偲ぶために集まり、感謝や思い出を共有する機会となります。この形式は、異なる宗教や信念を持つ家族や友人が共に参列する場合や、宗教的な儀式を希望しない人々にとって良い選択肢となります。

〜横浜市の葬儀形式別の費用〜

以下は、横浜市における葬儀形式別の費用を一覧表にまとめたものです。

横浜市において葬儀を行う場合、費用は幅広く異なる傾向にあります。これは、参列者の人数による要素や、香典や返礼品、通夜の飲食料金、僧侶へのお布施、使用する葬儀場の違い、葬儀社への支払いなどによって、金額が大きく変動するからです。以下の一覧表に示される金額は、葬儀そのものの費用を示しています。

【葬儀形式】一般葬
[費用相場]
約160万円から200万円程度

【葬儀形式】家族葬
[費用相場]
約60万円から110万円程度

【葬儀形式】一日葬
[費用相場]
約40万から約80万円程度

【葬儀形式】直葬
[費用相場]
約15万円から40万円程度

【葬儀形式】自由葬
[費用相場]
約50万円から100万円程度

【葬儀形式】社葬
[費用相場]
約300万円から数千万円程度

【葬儀形式】無宗教葬
[費用相場]50万から180万程度
無宗教の葬儀においては、どのような要素を盛り込むかによって、費用相場が大きく変動します。特別な儀式を行わないシンプルなスタイルの場合、費用は抑えられる傾向にあります。しかし、音楽の生演奏など独自の演出を希望する場合は、料金が高額になることがよくあります。そのため、費用には幅広いバリエーションがあることを覚えておいてください。

これらの金額は、一般的な目安として捉えていただくことができます。選択する葬儀形式やその他の要因によって、最終的な費用が変動することをご理解いただきたいと思います。必要に応じて、葬儀社に詳細な見積もりを依頼することをお勧めします。

〜横浜市で葬儀を行う際の葬儀形式の決め方〜

葬儀のスタイルは多様化しており、さまざまな種類の葬儀が存在しています。横浜市でも、複数の葬儀社が様々な葬儀形式を提供しており、葬儀に関する選択肢はますます増加している状況です。
葬儀の形式を選ぶ際には、以下の点に注意することが大切です。

【希望を決めておく】

まず第一に、希望やこだわりを明確にすることが重要です。人それぞれ葬儀に対して異なる考えを持っています。したがって、葬儀を計画する際には、故人や遺族の心からの願いをしっかりと明確にすることが必要です。このような希望を具体的にイメージすることで、最適な葬儀形式を選ぶ事ができます。

さらに、故人の意向がある場合には、その意志を尊重することが大切です。生前に故人が葬儀のスタイルや内容について示していた意向を、可能な限り尊重することで、故人に寄り添った葬儀を実現することができます。このようなアプローチは、故人との関係を大切にし、最愛の人を送るにふさわしい方法と言えるでしょう。

【参列者の人数に合う葬儀形式を選ぶ】

葬儀の形式を選ぶ際には、参列者の人数も考慮することが重要です。参列者が50人以上いる場合には、一般葬が適切な選択となることがあります。一方で、ごく親しい家族のみが参列する場合には、家族葬や直葬が選ばれることが一般的です。参列者の人数に合わせた葬儀形式を選ぶことで、葬儀のバランスが調和されたものとなります。これにより、故人への敬意と同時に、参列者にも適切な場を提供することが可能となります。

【葬儀の予算を決める】

遺族は、葬儀に使用できる予算を決定し、それに適した葬儀形式を選ぶことが重要です。予算が限られている場合には、一日葬や直葬などのシンプルな葬儀を選ぶことが一つの選択肢となります。反対に、充分な予算がある場合には、一般葬を選んでより格式のある式典にすることも可能です。予算の範囲が分かることで、どの葬儀形式が最適かが明確になります。遺族の方々の希望と予算を考慮しながら、故人にふさわしい葬儀を行うことが大切です。

【周囲の理解を得る】

葬儀形式を選ぶ際には、周囲の人々の理解を得ておくことが大切です。自由葬や直葬、一日葬などの葬儀形式は最近人気が高まっていますが、特に高齢の方々にとってはまだ馴染みの薄い形式かもしれません。これらの葬儀形式を選ぶ際には、遺族が近しい人々の同意や了承を事前に得ることが重要です。また、もし菩提寺が存在し、宗教的な儀式を行わない予定の場合は、お寺との調整も行っておくべきです。

最良の葬儀を実現するためには、喪主や遺族が選んだ葬儀形式について、周囲の人々に丁寧に説明しておくことが大切です。皆さんの理解と共感を得ることで、故人に対する最善のお別れを行うことができるでしょう。

【葬儀社に相談する】

葬儀の専門家である葬儀社に相談することを最終的にお勧めします。地元の横浜市で実績のある経験豊かな葬儀社は、相談者の話に耳を傾け、共感し、親身になってサポートしてくれるでしょう。
葬儀社には、自由葬や直葬といった新しいスタイルに慣れていない場合もあります。近年ではインターネットを通じて、大小さまざまな葬儀社が見つかるでしょう。
選択肢を考える際には、地元横浜市での実績だけでなく、他の人々の評判も重要です。葬儀社の対応力も見逃せません。電話や直接の相談時に、葬儀社がマニュアル通りでなく、相談者の悩みや疑問に誠実に向き合ってくれるかどうかをしっかりと確認してみましょう。

〜近年の横浜市の葬儀の特徴〜

近年、横浜市においては、葬儀費用を可能な限り抑えたいという需要が増加しており、一日葬や直葬などの手短な葬儀形式が多くの人々に選ばれる傾向が見られます。この動きに伴い、横浜市内の葬儀業者は多種多様なプランを提供し、多様なお客様のニーズに柔軟に対応することで、葬儀のスタイルも変化していることがわかります。

同様に、最近では、葬儀会社の案内文に全国対応や1都3県などの表記がよく見られるようになりました。しかしながら、葬儀の儀式や慣習は地域によって異なり、横浜市独自の慣わしが存在します。これらの特徴を知らないまま他の地域での葬儀を行うと、結果としてお客様に混乱や不都合を引き起こすことがあります。そのため、全国対応をうたう葬儀会社には注意が必要です。

〜横浜市での葬儀の前に、準備すべき手続き〜

以下に整理しました。

【親族への連絡】

親族や大切な人々に故人の訃報を伝えることが重要です。
まず、故人の訃報を親族などに伝えることが第一です。さらに、通夜や葬儀の日程が確定したら、友人や同僚などにも連絡をすることが重要です。
地域内に関しては、町内会長などに一報を入れることで円滑に手続きが進行することがあります。また、近隣住民に対しては、直接顔を合わせてご挨拶に行くことも一つの方法です。

【葬儀社の選定・連絡】

葬儀社を選び、その葬儀社に連絡を取ります。横浜市内の葬儀費用やプランは、葬儀社によって大きく異なるため、葬儀社の選択は非常に重要です。
ウェブサイトや資料請求などを活用して、複数の葬儀社を比較検討し、信頼できる葬儀社を選ぶことが大切です。
故人が亡くなると、葬儀社に連絡し、遺体を安置してもらいます。
また、病院で亡くなる場合、病院が葬儀社を紹介することもあります。ただし、病院からの紹介は費用が高いことが多いため、急いで決定することは避けるべきです。慌てずに注意深く検討しましょう。

【寺院への連絡】

菩提寺がある場合や宗教的な要素を含む場合、寺院や神社への連絡を取り、儀式や手続きについて話し合います。

【遺言書の確認】

故人の遺言書がある場合、内容を確認し、その指示に従って進行する必要があります。
遺言書には葬儀に関する指示が含まれている場合があるため、まず遺言書の有無を確認しましょう。
遺言書の内容は、法的な効力を持つものが「遺言事項」と呼ばれ、法的効力がないものが「付記事項」と呼ばれます。
葬儀に関する内容は通常、「付記事項」とされ、法的効力を持ちません。遺言書に葬儀の希望がある場合でも、実際にその希望を実行するかどうかは遺族が判断することになります。

※葬儀が終了してから遺言書が見つかり、開封される場合もあります。しかしこの場合、葬儀は終了しているので、遺言書の内容は実行できないことに注意が必要です。

【葬儀社との打ち合わせ】

葬儀社との打ち合わせを行い、通夜や告別式、火葬などの細かな計画を立てます。
葬儀社との打ち合わせにおいて、次の項目を決めることになります。

•葬儀日程の確定
•喪主の決定
•宗派の確認、菩提寺があるか
•葬儀費用の詳細
•葬儀会場の選定
•葬儀のプランの詳細
•必要な手続きの一覧
•必要な情報の確認など

葬儀に関する個別の希望や要望がある場合、打ち合わせの際に葬儀社に伝えることが重要です。これによって、故人や家族の想いを尊重した葬儀を進めることができます。

【書類の手続き】

故人の死亡診断書や戸籍謄本など、必要な書類の手続きを進めます。

葬儀書類に関する主な手続きは、「死亡届」「火葬許可書」「埋葬許可書」です。これらの手続きは葬儀社が手助けしてくれますので、分からない点があれば遠慮せずに葬儀社に問い合わせましょう。

まず、「死亡届」は、故人のご家族や同居人が亡くなったことを確認した後、7日以内に横浜市内の各区役所に提出する必要があります。提出先は「死亡地」「死亡した人の本籍地」「届け人の所在地(住所地)」のいずれかの区役所です。

次に、「火葬許可書」は死亡届を提出した際に発行される書類で、火葬を行う際に火葬場に提示する必要があります。火葬の日時や場所が決まっていないと、火葬許可書は発行されません。したがって、葬儀の日程を確定させる際に注意が必要です。

最後に、「埋葬許可書」は、遺骨を寺墓地や霊園に納める際に必要な書類で、火葬場から提供されます。火葬が完了すると、火葬許可書に終了したことが記載され、それが埋葬許可書となります。

これらのステップに従って、横浜市での葬儀を適切に準備していくことが大切です。

この記事を監修した葬儀のプロよりコメント

横浜市の葬儀をお考えなら
当社にご相談ください

上記の通り、横浜市内では一般葬、家族葬、一日葬、直葬など、多様な葬儀の形式が存在します。葬儀を検討される方々は、各形式の特徴を理解し、最適な選択をすることが大切です。参列者の人数や故人の意向を考慮しつつ、遺族は希望に合った葬儀形式を選ぶことを心がけるべきです。
弊社は横浜市で葬儀をご検討の際におすすめです。当社は適正価格でサービスを提供し、低価格を実現しています。また、地域に密着した葬儀社として、横浜市の地域に特有の習慣や慣習に詳しいだけでなく、幅広い実績を持っています。

横浜市で葬儀についてお困りの方は、ぜひ一度弊社にご相談ください。私たちのスタッフは横浜市の葬儀に関する専門知識を持ち、お客様のご要望に合わせて適切な葬儀を提供いたします。どうぞお気軽にご連絡ください。
関 友宜せき・とものり

早稲田大学大学院にて研究。大学卒業後、業界最大手企業へ入社。ライフエンディング領域における多岐にわたる業務に従事し、幅広い分野を経験。仏教葬祭アドバイザー、消費生活アドバイザー、ファイナンシャルプランナー2級、高齢社会エキスパートの資格を取得。横浜葬儀社の事業責任者として、専門的なアドバイスとサポートを提供し、故人様とその家族様にとって安心した葬儀サービスを提供することに全力を注ぐ。

合わせて読みたい

横浜市で遺骨を残さない「ゼロ葬」をするなら費用はいくらかかる?
横浜市の公営火葬場では、収骨が必要 「ゼロ葬」とは、遺骨を一切持ち帰らず、火葬が済んだ時点で弔いを終える方法のこと。…
まずはお気軽にお問合せください! まずはお気軽にお問合せください!
電話ですぐに相談する 電話ですぐに相談する LINEですぐに相談する LINEですぐに相談する
いつでも対応OK いつでも対応OK