葬儀仲介会社と、専門葬儀社とは?わかりやすい葬儀社の種類【横浜葬儀社】横浜市の家族葬専門【口コミ1位】

メニュー
閉じる
メニュー

葬儀仲介会社と、専門葬儀社とは?わかりやすい葬儀社の種類

葬儀社はいくつかのタイプに分かれています。どんな場所で葬儀が執り行われるのか、費用はいくらかかるのか。プランではなく選ばれた葬儀社で決まると言っても過言ではありません。

この記事はこんな人におすすめ

葬儀社の選び方が知りたい

終活している

葬儀社の違いが分からない

葬儀社によってどこの斎場で執り行うかが決まる

葬儀社には、専門葬儀社と葬儀仲介会社の二種類があります。
専門葬儀社は、自社で葬儀を行う葬儀社
葬儀仲介会社は、基本的には他の葬儀社さんに送客だけしており、自社では葬儀は行いません

さらに、専門葬儀社には大きく二種類があります。
ひとつは、自社葬祭ホールを持っている葬儀社。
もうひとつは、自社葬祭ホールを持たず、公営斎場を借りて葬儀を行う葬儀社です。

自社で葬祭ホールを運営されている葬儀社に依頼すると、当然自社斎場での葬儀を提案されます。
公営斎場専門の葬儀社は、公営斎場一択。
葬儀仲介会社はニーズに合わせて葬儀社を紹介してくれます。
どの葬儀社に依頼するかによって、斎場が決まると言っても過言ではありません。
簡単にご紹介します。

自社斎場のある専門葬儀社

昔ながらの葬儀社は、自社で葬儀会館を持っています。
斎場ホールが豪華だったり、会館スタッフの対応が手厚かったり、音楽葬に対応できる防音設備があったりといった違いは、さすが民営といった印象です。

公営斎場と比べて予約がとりやすいことも大きなメリット。
その代わりと言ってはなんですが、対価はそれなりにします。
また、火葬場までの移動が必要なので、バスや霊柩車のチャーター費用が必要。
ご高齢の参列者様には移動が手間かもしれません。

メリット

・会館設備が充実している
・予約が取りやすい

デメリット

・費用が高い
・火葬場まで移動が必要

公営斎場を使うの専門葬儀社

自社の葬儀会館を持たず、自治体が運営する公営斎場を借りて葬儀を行う葬儀社。最近、このタイプの葬儀社が全国的に非常に増えています。
公営斎場を押さえる必要がありますが、安価で人気が高いため予約は激戦となります。
故人がその自治体に住民票を持っていれば、リーズナブルな価格で利用できます。
公営斎場は火葬場が併設されている斎場がほとんどなので、移動の手間や費用もかかりません。

 メリット

・費用が安い
・火葬場までの移動がない

 デメリット

・予約がとりにくい
・故人が市民でないと費用が高くなる

葬儀仲介会社

葬儀仲介会社

「葬儀 安い」などのワードでネット検索して上位に掲載されている多くの会社が、仲介会社です。
実際の葬儀は提携している専門葬儀社が行います。
有名なところで「小さなお葬式」や「よりそうお葬式」「イオンのお葬式」といった屋号をテレビCMなどで見聞きしたことがあるのではないでしょうか。これらが葬儀仲介会社です。

ニーズに合った葬儀社を紹介してくれること、均一料金で依頼できることが特徴です。
探す手間を省いてくれます。

実際に葬儀を行うのは別の会社なので、どの葬儀社が担当になるかわかりません。
会社によってサービスの質は変わります。
葬儀仲介会社は安価な均一料金を売りにしているものの、実際は担当の専門葬儀社からオプションの営業を受けることがある点に注意しましょう
仲介会社は専門葬儀社から送客手数料をもらうことで成立しています。つまり、その分専門葬儀社さんは利益が少ないわけです。
専門葬儀社からすると、できるだけオプションの営業をして少しでも利益を増やしたいと努力するのは自然なことでしょう。

 葬儀仲介会社メリット

・葬儀社を探す手間が省ける
・料金プランが分かりやすい

 葬儀仲介会社デメリット

・実際には別の葬儀社が葬儀を行うため、品質が不安
・費用に見合ったサービスが受けられるか分からない
・熱心なオプション営業を受ける可能性がある

横浜葬儀社は、公営斎場を借りて行う専門葬儀社です

横浜葬儀社は、自社の葬儀会館を持たないことで運営費や人件費をカットしている、いわゆる安価なお葬式を実現する専門葬儀社です。
その分、お客様へのサービスに還元しています。
例えば横浜市内の搬送費用、ドライアイス代、安置料、役所手続きの代行が無料です。
このサービスは本当に葬儀社それぞれ。
安置料が1日2万円もかかる葬儀社もありますから、見積もりよりも最終金額が高くなることも多いです😅

公営斎場の予約は取りにくいというのは、本当です。特に横浜市内は人口に対して火葬場の数が少ないため、激戦です。
しかし当社は日々予約を取る練習を行っているため、勝率は低くありません。ちゃんと予約は取れています。
もし待ち期間が長くなってしまっても、ドライアイス代や安置料に日数制限はないため、最後の日まで安心してお過ごしいただけます😊

この記事を監修した葬儀のプロよりコメント

お気軽にご相談ください

公営斎場、自社会館どちらもメリットがあり、デメリットがあります。
ご遺族様がどんな葬儀にしたいかによって最適解は違います。迷われたら一度ご相談ください。
横浜葬儀社は、すでに他の葬儀社がご遺体を搬送した後でも対応可能です。24時間、365日待機しております。
関 友宜せき・とものり

早稲田大学大学院にて研究。大学卒業後、業界最大手企業へ入社。ライフエンディング領域における多岐にわたる業務に従事し、幅広い分野を経験。仏教葬祭アドバイザー、消費生活アドバイザー、ファイナンシャルプランナー2級、高齢社会エキスパートの資格を取得。横浜葬儀社の事業責任者として、専門的なアドバイスとサポートを提供し、故人様とその家族様にとって安心した葬儀サービスを提供することに全力を注ぐ。

合わせて読みたい

自宅安置は棺に入れないケースが多い
自宅安置の場合はシーツで包むことが多い テレビドラマや映画などでは自宅から棺に入った状態で出棺する場面が描かれるため…
まずはお気軽にお問合せください! まずはお気軽にお問合せください!
電話ですぐに相談する 電話ですぐに相談する LINEですぐに相談する LINEですぐに相談する
いつでも対応OK いつでも対応OK