一番安くお葬式をするには【横浜葬儀社】横浜市の家族葬専門【口コミ1位】

メニュー
閉じる
メニュー
葬式代を一番安くする

一番安くお葬式をするには

2023.12.27

一番安くお葬式をするなら、直葬です。お通夜、告別式をするなら宗教儀礼などご自身で不要なものをカットできる自由葬。注意点に気を付ければ、お金をかけなくてもお見送りすることはできます。

この記事はこんな人におすすめ

とにかく安くお葬式をしたい

最も安いお葬式プランを知りたい

コスト削減をして困ることがあるか知りたい

お通夜、告別式をしなくて良いなら直葬

お通夜、告別式をしないなら斎場費用や供花代、精進落としがカットできます。
直葬とは、斎場を借りて行うお通夜や告別式をしないお葬式です。安置場から火葬場へ直行します。
よって、必ず必要になるのは、搬送費、安置費、火葬待合室料、火葬費です。これだけはどうしても外せません。
ちなみに一応日本では土葬も許可はされていますが、99%が火葬を選ばれています。土地の関係がありますからね……。

お通夜や告別式をするなら自由葬がお安い

自由葬なら、仏教形式のお坊さんを呼ぶ必要がありません。お経代、お布施、交通費……どのくらいの費用がかかるイメージでしょうか?
お布施代の相場は、なんと20〜50万と言われています。さらにお経を読んでもらう回数が増えれば、それだけ金額も増えます。
これがカットできると、かなりの節約になりますよね。
当社は公営斎場を使用しているので、施設利用費は67,000円。
斎場費用の他にもお花を飾ったりと出費はあるかもしれませんが、プラン次第で節約は可能です。

葬儀社は相見積もりをとって決める

安いお葬式の形式を決めても、お任せする葬儀社選びを間違えると損をしてしまうかも!?
多少の時間はかかってしまいますが、見積もりは2〜3社から取ってください。
プランに含まれている内容は葬儀社によって違うため、必ず費用総額を確認してくださいね。
特に見落としがちなのは、ドライアイス代、安置費、搬送費です。
ドライアイス代や安置費は、日数分かかる葬儀社さんが多いです。
火葬が順番待ちになると、そのぶんどんどん高くなります。
搬送費も、距離で計算する葬儀社さんが多いです。お亡くなりになった病院や施設が遠いと、それだけ費用がかさみます。
1日計算でかかってくる費用は必ず確認しましょう。
当社はドライアイス代、安置費用ともに無料😊搬送費は市内は無料です。内訳も細部までしっかり明記いたします!

トラブル回避のため、よく話し合って

直葬、自由葬どちらも近年では珍しい形式ではありません。時代とともにご葬儀は簡略化されています。
しかし、地方では一般葬がまだまだ主流。「お経もあげないなんて、ちゃんと故人を見送ったことにならない!」なんて言う親族もいるかもしれません。
菩提寺との関係も心配です。僧侶はしっかりとお経を行うことを想定しています。
代々の決まったお墓に入るなら、菩提寺の意見は無視できません。勝手に話を進めてしまうと、最悪お墓に入れてもらえないなんてことも……。
大切な人が亡くなったばかりでそんなモメゴトはごめんですよね。僕としても目の当たりにすると辛すぎます。
親族、僧侶どちらともよく話し合いは必要不可欠です。

はばたきグループは、葬儀の口コミさんにも掲載してあります。

この記事を監修した葬儀のプロよりコメント

疑問点はとことん質問して解決

葬儀社の僕が言うのもなんですが……ネットの広告である、お葬式が〇〇円ぽっきり!みたいなのをそのまま信じてはいけません。
急に大切な人が亡くなった場合、悲しいやら忙しいやらで時間がないのは分かります。それでも必ず確認が必要です。
大切なお金はご自身が本当に必要だと思うものに使ってください。
関 友宜せき・とものり

早稲田大学大学院にて研究。大学卒業後、業界最大手企業へ入社。ライフエンディング領域における多岐にわたる業務に従事し、幅広い分野を経験。仏教葬祭アドバイザー、消費生活アドバイザー、ファイナンシャルプランナー2級、高齢社会エキスパートの資格を取得。横浜葬儀社の事業責任者として、専門的なアドバイスとサポートを提供し、故人様とその家族様にとって安心した葬儀サービスを提供することに全力を注ぐ。

合わせて読みたい

葬儀仲介会社と、専門葬儀社とは?わかりやすい葬儀社の種類
葬儀社によってどこの斎場で執り行うかが決まる 葬儀社には、専門葬儀社と葬儀仲介会社の二種類があります。 専門葬儀社…
まずはお気軽にお問合せください! まずはお気軽にお問合せください!
電話ですぐに相談する 電話ですぐに相談する LINEですぐに相談する LINEですぐに相談する
いつでも対応OK いつでも対応OK