お葬式の素敵なメモリアルコーナーのアイデア【横浜葬儀社】横浜市の家族葬専門【口コミ1位】

メニュー
閉じる
メニュー

お葬式の素敵なメモリアルコーナーのアイデア

2024.2.11

故人様との思い出を偲ぶきっかけとなるメモリアルコーナーは、形式的な葬儀に故人様らしさやオリジナリティを演出することができます。演出の参考になる素敵なアイデアをいくつかご紹介します。

この記事はこんな人におすすめ

故人らしさのあるお葬式にしたい

メモリアルコーナーを設置するか悩んでいる

メモリアルコーナーのアイデアが浮かばない

メモリアルコーナーとは?

メモリアルコーナーとは、故人様の思い出の品や歩んできた人生が分かる写真や趣味の品などを展示するスペースです。
沢山の人の目に触れやすいよう、斎場の入口付近に設置されていることが多く、参列者様が故人様を偲ぶきっかけとなります。
何を飾れば良いのか悩んでしまいますが、歩んできた人生は人それぞれ。正解なんてありません。
その人によってまったく違った仕上がりになるのは当たり前です。
スペース作りのヒントになるよう、これまでに見てきたご葬儀で僕が素敵だと思ったアイデアをいくつかご紹介します。

参考にしたい素敵なアイデア

実際に僕が担当させていただいたご葬儀で、素敵だと思ったメモリアルコーナーのアイデアをご紹介します。

 コルクボードに故人様の写真を沢山貼る

 

祭壇_メモリアルコーナー_コルクボードに思い出も写真を貼る

写真は定番中の定番ですが、アルバム形式ではなくボードという点が素敵です。
参列者の方は譲り合って鑑賞されているので、アルバムはなかなか手を伸ばしにくかったり、順番待ちができたりします。(アルバムは写真の枚数が沢山入れられるという利点もありますけどね)
ボードなら少し離れた場所からでも見ることができるので、多くの方の目に留まると思います。

故人様の趣味の作品を展示する

祭壇メモリアルコーナー_趣味のものを飾る_盆栽

盆栽が趣味だった方で、大切に育てられた盆栽を展示させていただいたことがあります。

家族でお祭りが大好きで太鼓が趣味だった方は、バチと法被を展示して太鼓を叩く音を流したりもしました。

趣味の作品や道具は故人様の人柄がよく伝わるので、とても良いと思います😊

仕事の功績を展示する

祭壇メモリアルコーナー3-功績 勲章を飾る
教師をされていた方で、教え子の寄せ書きを飾らせていただいたことがありました。

エディトリアルデザインをされていたデザイナーさんのお葬式では、故人様がこれまで作った雑誌や書籍が飾られていました。一緒に仕事をしてきた編集者の方が涙を流しておられ、とても印象的でした。

勲章、賞状、感謝状、盾などもおすすめです。公務員の方ですと叙勲されている方も多いのではないでしょうか。
ご葬儀で故人様の功績を讃えるのは、とても素敵なことだと思います。

お仕事の制服や徽章を飾るのもいいですね!

写真や動画をスライドにして流す


結婚式のなれそめムービーのような凝った編集動画ではなく、写真が順にスライドするだけのシンプルなもので十分。
アルバムと同じ役割ですが、デジタルなら動画も入るので、より鮮明にその人らしさが出ます。
写真や動画を選択するだけでスライドショーにできるスマホアプリもあるので、素人でも意外と簡単に作成できます。

喪主様の負担にならないよう工夫して

大切な方を亡くした直後は、悲しむ間もなく大忙しの連続。
後から「ああすればよかった、こうすればよかった」が出てくることは多いです。

何でもご自身でと考えず、故人様のご友人、手が空いてそうな親族に頼んでみてください。
趣味の仲間にお願いして、お通夜や告別式の当日に、作品やユニフォームを持ち寄っていただくのも良いでしょう。
スライドムービーは、葬儀専門に短期間で製作してくれる会社もあります。

あまり悩みすぎず、負担にならない程度にとどめることがポイントです。

この記事を監修した葬儀のプロよりコメント

故人様の人柄が感じられるメモリアルコーナー

葬儀にオリジナリティといった言い方はおかしいかもしれませんが、一部だけでもどこかに故人様らしさを演出することで、形式的なだけのご葬儀から温かみのある空間へと変わります😊
メモリアルコーナーをきっかけに、故人様の在りし日々を参列者様同士や親族を交えてお話できたら素敵です。知らなかった一面が見えたりするかもしれませんね。
関 友宜せき・とものり

早稲田大学大学院にて研究。大学卒業後、業界最大手企業へ入社。ライフエンディング領域における多岐にわたる業務に従事し、幅広い分野を経験。仏教葬祭アドバイザー、消費生活アドバイザー、ファイナンシャルプランナー2級、高齢社会エキスパートの資格を取得。横浜葬儀社の事業責任者として、専門的なアドバイスとサポートを提供し、故人様とその家族様にとって安心した葬儀サービスを提供することに全力を注ぐ。

合わせて読みたい

横浜市で遺骨を残さない「ゼロ葬」をするなら費用はいくらかかる?
横浜市の公営火葬場では、収骨が必要 「ゼロ葬」とは、遺骨を一切持ち帰らず、火葬が済んだ時点で弔いを終える方法のこと。…
まずはお気軽にお問合せください! まずはお気軽にお問合せください!
電話ですぐに相談する 電話ですぐに相談する LINEですぐに相談する LINEですぐに相談する
いつでも対応OK いつでも対応OK