家族葬と一般葬のメリットとデメリット【横浜葬儀社】横浜市の家族葬専門【口コミ1位】

メニュー
閉じる
メニュー

家族葬と一般葬のメリットとデメリット

2023.8.22


Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/users/0/raysea0508/web/yokohamasougi.com/wp2023/wp-content/themes/yoko2023/single-knowledge.php on line 37

「一般葬」と「家族葬」の違いはご存知でしょうか。昨今では、社会の変化やライフスタイルの多様化により、「一般葬」だけでなく「家族葬」を選ぶ方が増えています。

この記事では、一般葬と家族葬のメリット・デメリットを詳しく解説していきますので、迷われている方はぜひ参考にしてください。

〜一般葬とは〜
「一般葬」とは、親戚や友人、知人、職場の関係者、ご近所の方など、多くの人々を招いて行う葬儀の形式です。このスタイルでは、参列者が多く集まるので場所や会場も比較的大きな規模が必要とされます。一般葬は、故人の人生を偲ぶために、広く社会に関わる多くの人々が集い、お別れをする場として重要視されます。

〜家族葬とは〜
「家族葬」とは、参列者が親族や身近な家族で行われる、小規模な葬儀のことを指します。このスタイルでは、家族やごく限られた親しい人々だけが集まり、アットホームな雰囲気の中で故人を偲びます。家族葬は、プライバシーを重視し、静かで落ち着いた雰囲気の中でお別れをしたいという希望がある方に選ばれることが多いです。

〜家族葬のメリット〜
家族葬のメリットについてお伝えします。家族葬の利点を理解し、葬儀のプラン選びにお役立てください。
家族葬では、故人と家族や親族だけで葬儀を行うことができる点や、葬儀プランにおいてより自由な選択が可能な点、そして用意する時間を短縮できるといった様々な長所があります。これらのメリットについて詳しく説明していきますので、ぜひ参考にしてください。

【家族や親族のみでアットホームな雰囲気に】
家族葬には、故人と家族や親族だけで行うゆったりとした葬儀ができる利点があります。身内の少ない人数で執り行われるため、一般葬と比較して気軽に葬儀を進めることができます。
職場の同僚や上司など、会社の関係者は出席しないため、通常の日常の雰囲気で故人とのお別れの時間を過ごすことができるのが特長です。

また、故人が生前に少ない人数で葬儀を希望していた場合などにも、家族葬の葬儀プランはぴったりです。
少人数でお互いに知り合い同士のため、ゆっくりと故人との別れを悲しんだり、思い出を語り合ったりできます。アットホームな雰囲気の中で、故人との最後の時間を大切に過ごすことができます。

【葬儀内容を自由に決められる】
家族葬では、葬儀プランなどを自分の好みに合わせて選択できる点が、大きなメリットとして挙げられます。さらに、参列人数が少ないため規模が小さくなり、葬儀にかかる費用の負担を軽減できます。
また、少人数で行うため、周囲の目を気にせずに無宗教での葬儀も行いやすくなるでしょう。
家族葬は身内だけで行われるため、どのような葬儀にするのかをじっくりと話し合うことができます。宗教に拘束されずに、無宗教の葬儀を希望する場合や自由な葬儀プランで執り行いたい場合に適しています。

【葬儀の準備にかかる時間を短くできる】
家族葬の魅力は、少人数で行うため葬儀の準備を簡素化できる点にあります。
一般葬では多くの参列者があり、葬儀前にすることが多く、準備が忙しくなる場合があります。しかし、家族葬は参列者が少ないため、用意することが比較的少なく、余裕を持って葬儀に臨むことができます。
さらに、家族葬では香典や弔問を辞退する場合があるため、その対応も一般葬に比べて軽減されます。少人数での準備により、納得のいく葬儀を執り行うことができるのが特長です。

〜家族葬のデメリット〜
家族葬のデメリットについてご紹介いたします。デメリットを理解することで、葬儀後に後悔することを減らすことができます。
これらのデメリットを把握し、よく考えた上で家族葬を選択することが大切です。それぞれのデメリットについて詳しく紹介していきます。

【香典の金額について】
家族葬は、一般葬と比べて参列者が少ないため、香典の金額も一般葬よりも少なくなる傾向があります。
一般葬に比べて家族葬は香典での収入が期待できない一方で、その分葬儀費用は一般葬よりも安く抑えられることが多いです。そのため、トータルでかかる費用に大きな差は生じないことがありますが、予想以上に香典が少ない場合も考慮しておく必要があります。香典による収入が少なくなることを理解しておきましょう。

【参列したかった人とのトラブル】
家族葬のデメリットの一つとして、参列できなかった方とのトラブルが挙げられます。
家族葬は故人の親族などの少人数で行われるため、葬儀に参列したかった方がいる場合があります。参列を希望する人々とのコミュニケーションが不十分だと、後から問題が生じる可能性があるため、より丁寧な対応が必要です。

【弔問者への対応】
家族葬には、限られた人のみが参列するため、葬儀に参列できなかった方が後日、弔問してくださる場合があります。
弔問を遠慮することは可能ですが、状況によっては対応が必要になる場合もあることを心に留めておきましょう。葬儀の後に対応することは大変かもしれませんが、相手の気持ちを考慮して丁寧に対応することが大切です。

〜一般葬のメリット〜
以下では、一般葬のメリットについて詳しく紹介します。家族葬と比較して、一般葬の特徴を理解することで、葬儀形式の選択に役立てていただけると思います。

【たくさんの方と一緒にお別れができる】
一般葬では、家族葬と比べて多くの方々と共に故人とのお別れをすることができます。故人が社交的な方であり、大勢の人々との交流を楽しんでいた場合などは、一般葬が選ばれることが多いです。
また、一般葬では会社関係者や知人など、多様な人々が参列するため、故人の様々な一面を知ることができます。その人との思い出やエピソードを共有し、故人の人間性や魅力を語り合うことで、お別れの悲しみを共感し合うことができます。

【葬儀後に弔問者への対応が少ない】
一般葬では、葬儀後の弔問対応が少なくて済みます。通常、弔問したいと思う方々のほとんどは葬儀に参列するため、葬儀が終わった後に個別に弔問に訪れることは少なくなります。
一般葬の場合、葬儀前には多くの準備が必要で疲れることもあるかもしれませんが、葬儀が終わった後は比較的ゆっくりと過ごすことができます。

【葬儀内容のトラブルが少ない】
一般葬は、必要とされる儀式を行いますし、多くの参列者がいるため、周囲の方々が葬儀に対して不満を抱くことはほとんどありません。
周りの反応が気になる場合でも、一般葬なら安心して進めることができます。

〜一般葬のデメリット〜
一般葬を行う際のデメリットについてご紹介いたします。一般葬には、以下のようなデメリットがあります。

【家族葬よりも葬儀費用が高くなる】
一般葬の葬儀費用は、家族葬と比べて高額になる傾向があります。一般葬は多くの参列者が予想されるため、規模が大きくなり、それに伴って飲食や会場の手配などでかかる費用も増えることが挙げられます。

【葬儀の準備や参列者の対応が大変】
一般葬は家族葬と比べて規模が大きくなるため、葬儀の準備がより複雑で大変になります。また、多くの参列者が予想されるため、参列者への対応もその分増えます。
一般葬を検討している場合には、葬儀の準備や参列者への対応がある事を頭に入れておくことが重要です。

〜最後に〜
家族葬と一般葬は、葬儀の内容や費用において異なる点がありますが、自分に合った葬儀形式を選ぶためには、それぞれのメリットとデメリットを理解し、検討することが重要です。

家族葬は身内の少人数で行われるため、アットホームな雰囲気で心に寄り添うことができますし、家族だけで静かにお別れをすることで、プライベートな時間を大切にできます。

一般葬は多くの参列者が訪れるため、故人の関係の広さを示すことができます。多様な立場の人々が集まることで、亡くなった方の思い出や功績を共有できる機会がありますが、参列者への対応があったり、費用が高額になることも考慮しなければなりません。

自分や故人の意向、家族の意見を尊重し、心の整理をするためにも、両者の違いを理解し、準備を進めておくことが重要です。葬儀は大切な別れの場であり、後悔のないように思いやりと配慮を持って選択することが大切です。

合わせて読みたい

一日葬と家族葬の違いは、呼び方だけ。葬儀社によって名前が違います
家族葬=一日葬??誤解が大量発生しているわけ 家族葬は、あらかじめ決まった小規模な人数で行う葬儀のこと。 必ずしも…
まずはお気軽にお問合せください! まずはお気軽にお問合せください!
電話ですぐに相談する 電話ですぐに相談する LINEですぐに相談する LINEですぐに相談する
いつでも対応OK いつでも対応OK