横浜市鶴見区に近い公営斎場と、公営斎場を使う場合のお葬式の費用【横浜葬儀社】横浜市の家族葬専門【口コミ1位】

メニュー
閉じる
メニュー

横浜市鶴見区に近い公営斎場と、公営斎場を使う場合のお葬式の費用

2024.2.20

横浜市鶴見区には公営斎場はありません。最も近いのは久保山斎場です。火葬のみの施設なので、直葬の場合はこちら。告別式や通夜をしたい方は別の公営斎場を選んでください。

この記事はこんな人におすすめ

横浜市鶴見区に近い公営斎場を知りたい

公営斎場を使った場合の葬儀費用を知りたい

横浜市鶴見区に近い公営斎場はこちら

横浜市鶴見区に近い公営斎場は、西区にある久保山斎場です。

ただし、久保山斎場には葬祭ホールがありません。ここは、火葬のみ行われる斎場になります。
ご自宅や別の葬祭ホールでお葬式をした場合や、直葬で利用されると良いでしょう。

火葬炉と葬祭ホールを併設している公営斎場なら、北部斎場と戸塚斎場が近いです。
鶴見区の中心部分、鶴見駅からであればすぐ近くまで高速道路がのびている北部斎場のほうがわずかに早く到着できます。
こちらでは久保山斎場の情報をメインにご紹介します。

久保山斎場の情報

〒220-0063 横浜市西区元久保町3番1号
電話番号 045-231-3060

アクセス方法
最寄り駅は京浜急行線の「黄金町駅」です。
タクシーで5分ほどで到着しますが、バスでも約6分なので比較的便が良いと言えますね。
徒歩では20分以上かかるので、交通機関をおすすめします。
他にもJR横須賀線の保土ヶ谷駅、相鉄線の西横浜駅からもバスが出ています。いずれも所要時間は10分ほどです。

火葬炉は12炉、休憩室も12室(すべて40人用)あります。
休憩室は火葬の待ち時間中に待機する場所として利用しますが、ここで待たず別の場所に行く、立ち会い自体をしないという場合は必要ありません。

・火葬料金(横浜市内の方)
10歳以上 12,000円
10最未満 8,000円

・休憩室使用料金
一部屋 5,000円
他3か所の公営斎場では20人用の休憩室も用意されていますが、久保山斎場にはありません。

久保山斎場を利用した葬儀プラン

葬祭ホールがないため、お通夜や告別式は行えません。よって、ここで火葬を行う場合は、横浜葬儀社ですと「直葬お任せプラン」か「火葬式プラン」どちらかのプランになります。
詳しい内容と、費用の内訳をご紹介します。

・直葬お任せプラン
ご遺体の搬送から火葬の手続き、当日の対応、ご収骨などすべてをお任せいただき、ご遺族の方は立ち会わないプランです。
故人様とご遺族が最後のお別れをするのは安置所になります。
遠方で立ち会うことができない、遺族が少なく高齢者しかいないなど、さまざまな事情がある方は多いです。
そんな時はお任せください。責任を持ってお見送りさせていただきます。

直葬プラン金額 92,780円(給付金5万円申請時の自己負担額)
斎場費用 12,000円(火葬料12,000円、火葬待合室0円)
合計104,780円

・火葬式プラン
簡単に言うと、直葬お任せプランの立会い有りパターンです。故人様との最後のお別れは炉の前になります。
もちろん、ご収骨もご遺族で行っていただけます。火葬中の待ち時間が発生するため、休憩室も用意されるのが一般的です。
手続きの代行はプラン内に含まれているので、ご希望があれば無料で当社が行うことも可能です😊

火葬式プラン金額 125,780円(給付金5万円申請時の自己負担額)
斎場費用 17,000円(火葬料12,000円、火葬待合室5,000円)
合計142,780円

火葬には順番待ちがある

横浜市は、人口370万人に対して、公営斎場は4か所しかありません。民間斎場も1か所あるものの、まったく足りていないのが現状です。
特に2〜11月の寒い時期や、8〜9月のお盆明けごろに火葬が集中する傾向にあり、順番待ちが発生します。

順番待ちが長くなると、何が問題かと言うと……ご遺族の負担が増えてしまうことです。
ドライアイス代や安置料がかかる葬儀社では、日割り計算となっています。
安置料1日/10,000円、ドライアイス代1日/8,000円が一般的です。
中には安置料1日/20,000円なんてところもあるそうな……。
5日待ちになったら、安置料とドライアイス代だけで14万円加算ということです。想定していないと、びっくりしてしまいますよね!

弊社では安置料もドライアイス代も無料ですが、ほとんどの葬儀社さんは日数に応じて加算されますから、見積もりはよくよく確認なさってください。

この記事を監修した葬儀のプロよりコメント

横浜葬儀社はすべて込みの明朗会計です

火葬待ちが当たり前の横浜市では、安置料やドライアイス代も含めると他の地域よりも葬儀代が高くなってしまう可能性があります。横浜葬儀社では、安置料、ドライアイス代が無料です😊
横浜市内の搬送料金や役所手続き代行も無料です。安心してお任せくださいね。
関 友宜せき・とものり

早稲田大学大学院にて研究。大学卒業後、業界最大手企業へ入社。ライフエンディング領域における多岐にわたる業務に従事し、幅広い分野を経験。仏教葬祭アドバイザー、消費生活アドバイザー、ファイナンシャルプランナー2級、高齢社会エキスパートの資格を取得。横浜葬儀社の事業責任者として、専門的なアドバイスとサポートを提供し、故人様とその家族様にとって安心した葬儀サービスを提供することに全力を注ぐ。

合わせて読みたい

横浜市で遺骨を残さない「ゼロ葬」をするなら費用はいくらかかる?
横浜市の公営火葬場では、収骨が必要 「ゼロ葬」とは、遺骨を一切持ち帰らず、火葬が済んだ時点で弔いを終える方法のこと。…
まずはお気軽にお問合せください! まずはお気軽にお問合せください!
電話ですぐに相談する 電話ですぐに相談する LINEですぐに相談する LINEですぐに相談する
いつでも対応OK いつでも対応OK