横浜市の火葬式(直葬)とは?費用相場やメリット、デメリットを見てみましょう。【横浜葬儀社】横浜市の家族葬専門【口コミ1位】

メニュー
閉じる
メニュー

横浜市の火葬式(直葬)とは?費用相場やメリット、デメリットを見てみましょう。

2023.8.25

「火葬式(直葬)」とは、通夜や葬儀の儀式を省き、火葬のみを行う葬儀の形式です。現代社会における少子高齢化や核家族化、宗教離れといった傾向に適応した葬送方法として、近年増加しています。ただし、まだ一般的な葬儀に比べて火葬式の割合は少なく、あまり知られていない方法です。特に横浜市では、葬儀の規模が小さく、費用も抑えられることから、火葬式(直葬)を選ぶ人々が増えています。今回は、横浜市での火葬式(直葬)の費用相場、メリット•デメリット、進行手順について詳しく見ていきましょう。

この記事はこんな人におすすめ

横浜市で火葬式をご検討の方

火葬式の流れを知りたい方

〜横浜市の火葬式とは?〜

火葬式は、通夜や告別式などの儀式を省き、火葬のみを行う、非常にシンプルな葬儀スタイルです。このスタイルは、「直葬」とも呼ばれ、従来の厳格な葬儀の形式にこだわらない人々に支持されています。近年では、このような葬送方法を選ぶ理由として、費用の節約や儀式の時間短縮が挙げられます。伝統的な「お葬式」にとらわれない選択肢として、火葬式や直葬が横浜市でも注目を集めています。

また横浜市において、火葬式•直葬は、最低限必要なものがセットになったプランとして提供されている葬儀社が多いです。この火葬式•直葬プランには、ご遺体の搬送から安置、枕飾り一式、線香、ろうそくなどの必要な物が含まれています。また、ドライアイスや火葬にかかる料金も一部の場合、プランに含まれていることもありますが、葬儀社によっては追加の費用が発生することもあるでしょう。選ぶ際には、葬儀社の提供するプラン内容を確認し、複数の葬儀社のプランを比較検討することをおすすめします。
横浜葬儀社では、市内のご遺体の搬送、火葬日までのドライアイス処置、安置室の使用料金が無料になっているため、葬儀プランのみで葬儀が可能です。

〜横浜市で火葬式(直葬)が向いてるのはどんなケース?〜

火葬式を希望される方が、なぜ火葬式での葬儀を選んだのか、その理由は様々です。
火葬式は、以下のような方に向いています。

・葬儀の費用を可能な限り削減したい方
・故人や親族が高齢で、身体的負担を軽減したい方
・儀式を行う必要は感じないが、最後に故人の顔を見てしっかりと別れたい方
•生前の故人から火葬式と言われていた
•生活保護を受けていて、葬祭扶助を利用するため
•入院や介護が長引き、葬儀にかける費用を用意できない
•親戚も少なく、家族だけで見送るので

経済的な負担や高齢の親族などを考慮すると、火葬式が選択されることが多くあります。特にコロナ禍以降では、少人数で短時間に葬儀を行いたいという要望が増えています。そのため、半日程度で行われる火葬式は、横浜市でも認知され利用する方が増えてきています。
また、日本の葬儀は故人が信仰していた宗派に応じた形式が選ばれることが一般的でした。しかし最近では、故人を穏やかにあの世へ送ることができれば、葬儀の形式にこだわらずに行いたいという考え方が増えています。現代社会では葬儀への見方が多様化しており、そのため火葬式の選択肢が増えていると言えるでしょう。

〜横浜市での火葬式の流れ〜

横浜市でも死後24時間以内に遺体を火葬することは法律上できません。一般的に、死後24時間以上経過した場合から火葬が可能とされています。この時間を設ける理由は、24時間以内では蘇生の可能性があることや、残された家族や関係者が感情整理に必要な時間を得られるよう配慮するためです。
ただし、感染症の場合は例外となります。法律で定められている感染症で死亡した場合、感染症の蔓延を防ぐ目的から、死後24時間以内の火葬が認められます。

火葬式の進行手順は以下の流れです。

【臨終】
故人が自宅または病院で亡くなると、死亡診断書が発行されます。

【葬儀社に連絡】
葬儀社を決めて搬送の手配をします。

【搬送・安置】
故人の遺体は搬送され、火葬当日まで自宅か安置場所で安置されます。

【葬儀社と打ち合わせ】
火葬式にするのか、いくらかかるのかを見積書に出してもらい、プランに入ってるもの、プラン外のものはあるのかを確認する。

【納棺・出棺】
故人に花を手向け、棺に納めます。お花や故人が好きであったもの、生前の思い出の品など一緒に納めることもできます。
その後、棺は火葬場へ運ばれます。

【最後のお別れ】
火葬場の炉前で、ご家族や親しい人々数名で最後のお別れを行います。希望があれば、読経も行うことができます。

【火葬】
火葬は約1時間ほどかかります。火葬中、遺族は控室で待機します。

【納骨(お骨上げ)】
火葬後、遺骨は骨壺に納められます。

【葬儀社への支払い】
葬儀後に葬儀社から請求書を渡され、支払いになります。

[ポイント]
直葬では僧侶の読経を必ず要するわけではありません。しかし、故人が旅立つ前にお経をあげてもらいたいと願う方はたくさんいらっしゃいます。そのため、僧侶を火葬場に招き、火葬の前に読経いただいて故人を見送ることが多いようです。僧侶は菩提寺からお呼びするか、菩提寺がない・わからない場合は葬儀社に相談して僧侶を手配してもらいましょう。

〜火葬式のメリット〜

【費用を抑えられる】
火葬式の主なメリットは、費用を削減できることです。通夜や告別式などの儀式を省き、斎場の利用も不要ですので、経済的な負担を大幅に軽減することができます。

【参列者への対応が不要】
火葬式は家族や身近な人々だけで行われるため、多くの参列者への挨拶や受付の手配などが必要ありません。香典の返しや近隣の方々へのお礼まわりなど、葬儀後の対応も最小限にとどまり、心理的な負担も軽減されます。

【短時間で執行できる】
高齢の遺族の場合、長時間の葬儀が負担となることがあります。一方、火葬式は所要時間が短いため、遺族の体力的な負担も軽減されます。

【準備にかかる時間が少ない】
通常のお葬式では、会場や祭壇の手配から料理や返礼品の用意まで、多岐にわたる準備が必要です。たとえ葬儀社のサポートを受けたとしても、これらの準備には多大な手間がかかります。しかし、火葬式の場合はこれらの手続きが不要であり、ご家族の負担が心身ともに軽減されるでしょう。

【遠方で亡くなった場合、火葬式→本葬の流れにしても】
故人が遠方で亡くなった場合、時期や距離などの理由により、遺体の搬送が難しいことがあります。その際、ごくわずかな近親者だけが現地に赴き、直葬を行うことが考えられます。そして後日、故人の地元である場所で親族や友人・知人たちが参加するお別れの機会を設け、本葬を行うことも可能です。

〜火葬式のデメリット〜

【お別れの時間が短い】
故人とゆっくりお別れが難しい点があります。
火葬式のデメリットとして、故人とゆっくりお別れする時間が限られることが挙げられます。この点は遺族の後悔につながる可能性があるため、慎重に検討されることをお勧めします。

【周囲からの理解を得られない】
周囲から理解されない可能性が考えられます。
通常の葬儀と異なり、儀式を行わないため、親族などから理解を得ることが難しい場合があります。今後のトラブルを避けるためにも、火葬式を行う旨をしっかりと親族に伝え、理解を得ておくことが重要です。

【参列者が制限される】
参列を希望する人々への配慮が必要です。
火葬式は基本的に身内だけで行われることが多いため、参列を希望する方々に対する配慮が求められます。弔問の機会を設けたり、別途集まる場を提供することで、関係者の感情に寄り添うことが大切です。

〜横浜市の火葬式に関する疑問〜

【喪服はきるの?】
参列される方々の服装について、一般的な葬儀の際と同様の考え方が適切です。喪主や遺族の方々は喪服や準喪服を、親族や参列者の皆様は準喪服などをご着用いただくことが適切です。火葬式(直葬)においては、一般的な葬儀に比べて厳格な規定はございませんが、適切なマナーに基づいた服装を選ぶことが重要です。派手すぎる服装は避け、常識のある範囲内で服装を選ぶようにしましょう。

【香典は持参する?】
香典の必要性は、直葬(火葬式)を行う遺族のご意向や地域の慣習によって決まります。もしも香典が不要である旨の事前連絡がある場合、参列者の方は香典を持参する必要はありません。香典に関する案内がない場合には、通常の葬儀と同じように香典をお持ちいただくことが適切です。香典の金額についても、一般的な葬儀と同じくらいの範囲で考えれば問題ありません。
遺族の皆様は、香典をいただいた方々に香典返しを行います。香典返しの時期は、通常では即日返しや四十九日後に行うことが一般的ですが、地域の慣習によって時期が変わることがあるので注意しましょう。

【葬儀後に会食はあるの?】
火葬式(直葬)では、通夜振る舞いとして知られる葬儀後の食事の機会は一般的には設けられません。通常の通夜振る舞いや精進落としでは、葬儀の後に参列者に食事やお酒を振る舞い、故人の思い出を共有します。しかし、火葬式(直葬)は葬儀自体が行われないため、食事の機会は設けられず、参列者は各自で食事をする形になります。

【どこで執り行うの?】
横浜市において、火葬式(直葬)を考える際には、戸塚斎場、北部斎場、南部斎場、久保山斎場の4つの公営斎場がおすすめです。

公営斎場は、民間の斎場に比べて施設の利用料金が非常にリーズナブルなのが特長です。加えて、葬儀ホールと火葬場が同じ場所にあり、これが利便性の高さにつながっています。特に高齢者や障害者の方々にとっても使いやすく、バリアフリーの設備も整っています。葬儀ホールから火葬場までの移動が必要なく、経済的な負担だけでなく、身体的負担も軽減される点が魅力です。
※火葬式を執り行う際には葬儀ホールは利用せず火葬場に行きます。

公営斎場を使用して火葬式(直葬)を行う際には、最初に葬儀社にその意向を伝え、公営斎場を利用することが可能な葬儀社かどうかを確認することが重要です。これによりスムーズな手続きが行えます。

〜横浜市の火葬式(直葬)の費用相場〜

火葬式や直葬は、費用を節約する手段として一般的に選ばれていますが、横浜市における費用相場はどの程度なのでしょうか? 納得のいく葬儀を行うためには、事前に費用相場について理解することが非常に重要です。

火葬式(直葬)の葬儀費用は、選ばれる葬儀場や葬儀社、地域などによって異なる要素が影響します。一般的には、火葬式(直葬)の費用相場は15万円から30万円程度です。これに対して、一般的な葬儀では100万円から200万円程度、家族葬では60万円から110万円程度が一般的とされており、火葬式が通常の葬儀に比べて経済的な選択肢であることがわかります。

〜横浜市で火葬式を行う際に菩提寺があるかの確認が大切〜

菩提寺をお持ちの方は、必ず火葬式(直葬)を希望する事をご自身の菩提寺の住職にお伝えする必要があります。
近年、火葬式での葬儀についても理解を示してくださる寺院が増えてきているようですが、仏式の葬儀においては通夜や葬儀・告別式が宗教的な一連の儀式とされていますので、2日間にわたる流れには深い意味があります。お寺によっては、必ず通夜・告別式を執り行うべきという考えもあることをご注意ください。
実際、菩提寺をお持ちの方の中には、医療費や施設費の負担が増え、葬儀に充てる資金が難しいといった状況で火葬式を希望するケースがあります。一例として、そのような事情をご自身の菩提寺の住職にお伝えしたところ、納骨の際に適切な読経を行うことで直葬が認められた例もあります。
火葬式を希望することは、必ずしも簡単な選択ではありません。しかし、状況によっては上記のように、希望に歩み寄ってくださる場合もあります。
ただし、菩提寺を無視して火葬式を行うと、納骨が許されないなどのトラブルが生じる可能性もあるため、必ずご自身の菩提寺の住職に火葬式を希望する旨をきちんと伝えるようにしましょう。

〜横浜市で火葬式ができる葬儀社の選び方〜
火葬式(直葬)を希望される方は、直葬プランを提供する葬儀社を選ぶ必要があります。現在は、多くの葬儀社がウェブサイトを持っており、直葬や火葬に関するプランの有無を確認することができます。また、費用を節約したい場合には、公営斎場を利用することをおすすめします。葬儀社を選ぶ際には、その葬儀社が公営斎場を利用できるかどうかも検討材料となります。
さらに、スタッフの対応も葬儀社選びの際に重要な要素です。質問に丁寧に答えてくれるだけでなく、親身で配慮のある対応を行ってくれるかどうかも考慮してください。この葬儀社に依頼したいと思えるような、信頼感のある葬儀社を選ぶことが大切です。

〜火葬式で行う事の伝え方〜
火葬式はごく限られた家族・親族だけが参列するため、火葬に立ち会ってもらう人々にのみ通知されます。火葬に立ち会わない親族や友人、知人には、電話や死亡通知状を用いて「故人が亡くなり、火葬式でお別れしました」という事後報告が行われる事が多いです。この報告を受けた人々の中には、弔問に訪れる場合もあるため、後日自宅での対応が必要になることがあります。
通常の葬儀では、最初に亡くなったことを知らせ、その後具体的な詳細を続報として提供するケースが一般的です。しかし、直葬の場合は、できるだけ「直葬で故人を送る」と決まってから連絡することが大切です。この際、近親者のみでお別れする旨も併せて伝えることが重要です。
先に亡くなったことのみを伝えると、相手側も参列の為の準備を始めることがあります。その結果、参列希望者が増えてしまい、直葬の趣旨が曖昧になるおそれがありますので、このような事態を避けるためにも、適切なタイミングでの連絡が求められます。

直葬の場合、ごく限られた少数の人々にのみ故人の亡くなったことを伝え、火葬を行います。そのため、他の親族や友人、知人など多くの人々は故人の死を知らずにいるかもしれません。ただし、死亡の知らせをあまりにも遅らせると、かつてお世話になった方々への無礼に当たることがあります。通常、火葬後から約10日以内に訃報を伝えるように心がけることが良いでしょう。この連絡では、火葬に立ち会った家族・親族以外の方々に、電話や死亡通知状を通じて「故人が亡くなったこと」「火葬を済ませたこと」をお知らせし、さらに「遅くなった連絡」に対してお詫びをするといいでしょう。

この記事を監修した葬儀のプロよりコメント

横浜市で行う火葬式を行う際は
良い口コミがある葬儀社に依頼を

横浜市の火葬式の費用相場は、15万~30万円程度です。また、火葬式・直葬で費用を抑えるには、横浜市に根付いており、地域のしきたりをよく理解して、良い口コミがある葬儀社にお願いする事も大切です。
火葬式は、一般的な葬儀と比較して非常にシンプルな形式で行われるため、経済的な負担や身心の負担を軽減できるメリットがあります。このスタイルは、高齢化社会や核家族化が進む現代社会に適しています。ただし、親族間で誤解やトラブルが生じる可能性もあるため、予め十分な話し合いを行い、適切な決定をすることが大切です。
関 友宜せき・とものり

早稲田大学大学院にて研究。大学卒業後、業界最大手企業へ入社。ライフエンディング領域における多岐にわたる業務に従事し、幅広い分野を経験。仏教葬祭アドバイザー、消費生活アドバイザー、ファイナンシャルプランナー2級、高齢社会エキスパートの資格を取得。横浜葬儀社の事業責任者として、専門的なアドバイスとサポートを提供し、故人様とその家族様にとって安心した葬儀サービスを提供することに全力を注ぐ。

合わせて読みたい

横浜市で遺骨を残さない「ゼロ葬」をするなら費用はいくらかかる?
横浜市の公営火葬場では、収骨が必要 「ゼロ葬」とは、遺骨を一切持ち帰らず、火葬が済んだ時点で弔いを終える方法のこと。…
まずはお気軽にお問合せください! まずはお気軽にお問合せください!
電話ですぐに相談する 電話ですぐに相談する LINEですぐに相談する LINEですぐに相談する
いつでも対応OK いつでも対応OK