横浜で自由葬40人でするといくらかかる?【横浜葬儀社】【横浜葬儀社】横浜市の家族葬専門【口コミ1位】

メニュー
閉じる
メニュー
横浜家族葬(自由葬)40人の費用

横浜で自由葬40人でするといくらかかる?【横浜葬儀社】

2024.2.29

親族10人、一般弔問客30人で自由葬(僧侶を呼ばないお葬式)で行った場合、当社での費用は55万円です。
搬送費用、安置料、ドライアイス代は日割り計算の葬儀社が多い中、横浜葬儀社ではすべて込みの価格になっています。

この記事はこんな人におすすめ

自由葬を40人でやりたい

家族葬プランの詳しい内訳が知りたい

自由葬での詳しい内訳が知りたい

親族10人、一般弔問客30人の
自由葬(家族葬プラン)

本文)
親族10人、一般弔問客30人を想定した家族葬をご紹介します。
お通夜、告別式は行いますが、仏教葬のようにお経を読んだり焼香をしたりはしない自由葬の想定です。

基本プランの内容はこちら。

・祭壇
宗教的なモチーフは無いシンプルなもの
・宗教儀礼なし
僧侶を呼んで読経などはしない
・告別式あり
司会を葬儀社スタッフに依頼。弔辞2名ほど。喪主のあいさつあり
・供花2基
・精進落としなし

自由葬40人の費用内訳

横浜葬儀社が執り行った場合の費用例です。

・家族葬プラン金額 444,780円(給付金50,000万円申請時の自己負担額)
・斎場費用 67,000円(公営斎場式場費用 50,000円、火葬代12,000円、火葬待合室5,000円)
・供花 33,000円(16,000円の供花を2基)

合計 544,780円

横浜市緑区にある北部斎場では、葬祭ホールの使用料金が80,000円と他の斎場に比べて30,000円ほど高くなっているので注意が必要です。

その他に必要となる費用

多くの葬儀社では、基本プランにプラスして必要になる費用もあります。
特に気を付けたい点は3つ。

①搬送料
病院から自宅、自宅から斎場など、どうしてもご遺体の移動は必要不可欠。
深夜料金や長距離料金がプラスされる場合もあります。タクシーを想像すると良いかもしれません。
詳しい費用は亡くなった場所や時間帯にもよります。
横浜葬儀社では、横浜市内でのご搬送は2回まで(例:亡くなった場所から安置所へ、安置所から火葬場へ)無料です😊

②安置費用
ご遺体を安置するのにも料金が発生します。
ほとんどの葬儀社で日割り計算となり、一般的な金額は1日/10,000円です。
横浜葬儀社では無料!費用を気にすることなく安心してお任せいただけますよ。

③ドライアイス代
ご遺体の変化はご逝去されてすぐに始まります。
最小限に抑えるためにドライアイスは必ず必要です。
一般的な金額は1日/8,000円。横浜市は火葬待ちが当たり前ですから、日に日に増加します。
横浜葬儀社はこちらも無料😲ご遺族の想いに寄り添うことを最優先に考えた結果です。

この記事を監修した葬儀のプロよりコメント

葬儀社に支払う金額と総額が変わることも

今回は、自由葬40人での家族葬プランをご紹介しました。
他にオプションを追加しなければ葬儀社に支払う金額や斎場に支払う金額はこちらでお間違いありませんが、僧侶にお渡しするお布施、読経代、戒名代などは含まれません。こちらは幅があるため、プラス数十万円必要になることもあります。
どんな葬儀にしたいかは親族でよく話し合ってから決めてくださいね。
関 友宜せき・とものり

早稲田大学大学院にて研究。大学卒業後、業界最大手企業へ入社。ライフエンディング領域における多岐にわたる業務に従事し、幅広い分野を経験。仏教葬祭アドバイザー、消費生活アドバイザー、ファイナンシャルプランナー2級、高齢社会エキスパートの資格を取得。横浜葬儀社の事業責任者として、専門的なアドバイスとサポートを提供し、故人様とその家族様にとって安心した葬儀サービスを提供することに全力を注ぐ。

合わせて読みたい

精進落としとは?やらなくても良い?
精進落としとは? 昔は四十九日の喪が明けるまで肉や魚を絶った精進料理を食べました。 忌が明ける四十九日に、普段の生…
まずはお気軽にお問合せください! まずはお気軽にお問合せください!
電話ですぐに相談する 電話ですぐに相談する LINEですぐに相談する LINEですぐに相談する
いつでも対応OK いつでも対応OK